リレンザの副作用はタミフルより危険?どちらが安全?の記事一覧

  • 2018.01.30

    意外とできていないマスクの正しい付け方と捨て方

    風邪、インフルエンザ、花粉症を回避するグッズとして手軽なのがマスクです。 ただ、マスクの付け方が正しくないと、防ぐどころか、意味のないものとなってしまうことがあります。 まず、マスクを付ける時には...記事の詳細

  • 2017.12.31

    正しいインフルエンザ対策を実践!

    毎年冬になると感染が増えるインフルエンザ。 高熱や関節の痛みに加えて、人によっては重症化してしまうおそれもあります。 感染を拡大させないためには人にうつさないことはもちろん、感染しないように対策を...記事の詳細

  • 2017.12.19

    インフルエンザの潜伏期間とは?いつからにうつる?

    インフルエンザはウイルスが体内に入ってすぐに発症するわけではなく、1~3日ほどの期間を経てから発熱などの症状が出はじめます。このようにウイルスが体内に入って感染しているけれど、まだ症状がでていない時期...記事の詳細

  • 2017.11.26

    やっぱりタミフル?効果が抜群で今もなお人気?

    インフルエンザの薬には服用薬や吸入薬など、いくつか種類がありますが、その中の代表格ともいえる物にタミフルがあります。 このタミフルは、よくインフルエンザウイルスを殺す薬と思われがちですが、実はインフ...記事の詳細

  • 2017.10.24

    リレンザは流行前に常備しておこう

    毎年冬になるとインフルエンザが流行して、多くの人が発症します。 インフルエンザに罹ると普通の風邪よりも高い熱が出る上に発熱期間が長いので、肺炎などの合併症にかかる恐れがあります。 抵抗力の弱い子供...記事の詳細

  • 2017.09.25

    リレンザにジェネリック医薬品はある?

    リレンザはインフルエンザA型とB型の両方に効果があり、多数の患者に有効なインフルエンザ治療薬の1つです。 成分はザナミビル水和物で、専用吸入器のディスクヘラーを使って1日2回、5日間吸入する薬なので...記事の詳細

  • 2017.09.06

    処方されたリレンザは必ず最後まで服用する

    インフルエンザの典型的な症状は、突然高い熱が出ることや、鼻水、喉の痛み、咳、関節痛などの全身的な症状です。 乳幼児や高齢者や持病がある人がインフルエンザにかかると、肺炎やインフルエンザ脳炎などの重い...記事の詳細

  • 2017.08.17

    リレンザはインフルエンザの予防にも使える

    リレンザはA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療及びその予防を目的に作られた吸引タイプの薬です。 リレンザはインフルエンザウイルスに直接作用する世界初の薬でインフルエンザウイルスが増殖するた...記事の詳細

  • 2017.07.30

    吸入薬のリレンザはこどもには使いにくい

    リレンザは、専用の吸入器を用いて吸入薬を吸入します。 しかし、こどもが小さい場合は吸入の仕方が理解できずに息を吹いてしまったり、吸入できても咳き込んで吸入薬を吐き出してしまうことがあります。 ...記事の詳細

  • 2017.07.13

    インフルエンザ治療薬の違いとは

    インフルエンザの治療薬には5種類あり、種類によって用法などに違いがあります。 オセルタミビルリン酸塩はA型・B型両方のインフルエンザの増殖を防ぐ効果があります。 カプセル剤ですが、小児には散剤...記事の詳細